施工方法

 

一般的簡易施工方法(袋貼り工法・接着工法)

一般的簡易施工方法(袋貼り工法・接着工法)
 

必要なもの
・清掃道具(ほうき・ちりとり・革すき)
・道具(裁ちばさみ・カッター・定規・軍手など)
・両面テープ(材料の選択はご相談ください)
・接着剤(材料の選択はご相談ください)

 

   
下地の清掃
施工場所の土砂、ホコリなどを清掃除去します。
下地の突起物、穴あきなどチェックし補修してください。
汚れ、油分などはよく落として乾燥してください。
 
割り付け
割り付け図或いは現場に合わせて拡げ割付します。
人工芝に巻きクセ、寝クセのある場合は直射日光にしばらく当てるか、逆巻きにしてクセを直してください。
施工面積が大きい場合は縦・横方向のつなぎ位置を仮に決めてください。
 
仮置き、裁断
裁ちばさみやカッターで容易に切れます。
芝目方向を揃え、幅方向のつき合わせ部に隙間がある場合は、端部に定規を当てて再カットしてください。
敷き込み部端末の余裕部は全体の接着固定が終わってから、最後に切断除去し仕上げを行います。
 
両面粘着テープ貼り付け
屋内や雨がかかりにくいベランダに採用してください。
仮置きした人工芝が動かないように、ジョイント部分の両サイドを折り返し、ジョイント部中央に粘着テープを貼り付けます。
ジョイント部は隙間が出来ないように、耳部をつき合わせながら丁寧に貼り込みます。
 
接着方法
屋外施工時は晴天の時に行ってください。(施工面が濡れていると接着不可)
仮置きした人工芝が動かないように、ジョイント部分の両サイドを折り返し、ジョイント部中央に接着剤をクシ目ハケでムラ無く塗り拡げてください。
次に反対側も同様に行ってください。
注意:屋内での接着剤使用時は窓、ドア等を開け充分換気を行い施工してください。
 
転圧
転圧は人工芝の接着部分を細かく踏みつけて、押さえ込み密着させてください。
また、シワやふくれを除去してください。
ふくらみが納まらないときは砂袋(または重しになる物)などで押さえてください。
 
点検・補修・清掃・養生
粘着テープの屑や接着剤の付着した物は除去することで、出来栄えも違ってきます。
耐水性接着剤を使用した場合は、施工後1日間の養生期間が必要です。
人工芝の端材は適切に処分してください。
   
※人工芝などの端材について
●人工芝はプラスチックに分類されます。
●接着剤の空き缶は不燃物に分類されます。
●各自治体の指定に従い処理をしてください。
<<ダイヤテックス株式会社>> 〒101-0035 東京都千代田区神田紺屋町7番地 TEL:03-3254-3221 FAX:03-3252-8841